【スマホで合格:簿記3級】試算表とは 意味を解説

スマホで合格:簿記3級 試算表とは 簿記

試算表で転記作業を確認

どうして試算表を作るのか

試算表を作成する流れ

試算表を作成する流れ

取引を仕訳帳に記帳

まず取引を勘定科目ごとに仕訳帳へ記帳していきます。

資産や負債などの増減を記録していく作業です。

仕訳帳か総勘定元帳へ転記

仕訳帳には取引の内容がただ時系列で並んでいます。

勘定科目ごとの増減を把握するために、仕訳帳の内容を総勘定元帳へ転記していきます。

試算表を作成し、転記作業を検証

転記作業の正確性を検証するために、試算表を作成します。

貸方金額の合計と借方金額の合計

借方残高の合計と貸方残高の合計

これらを確認するための試算表です。

 

試算表は3種類ある

試算表は3種類ある

残高試算表とは 意味を解説

残高試算表とは 意味を解説

合計試算表とは 意味を解説

合計試算表とは 意味を解説

合計残高試算表とは 意味を解説

合計残高試算表とは 意味を解説

簿記3級でとても重要

試算表作成の流れを理解しておけば、勉強はとても楽になります。

簿記3級ではカンタンな作業が問題になります。

なんのために試算表を作るのか

意識しながら勉強していきましょう。