【簿記3級】仕訳の例題。とにかくやってみる現金取引

簿記3級の仕訳はカンタン。暗記は不要。

簿記3級の仕訳はとてもカンタンです。

暗記して試験に挑むようなイメージではありません。

とにかく練習問題をたくさん解いていきましょう。

【仕訳の例題】身近な現金取引の仕訳

まずはイメージのしやすい現金取引からです。

手形などの取引はそもそものイメージがわかないかと思います。

身近な取引の仕訳から徐々に慣れていきましょう。

【仕訳の例題】現金を支払う

例題1.電気料金¥6000を現金で支払った。

仕訳

(借)水道光熱費 6000(貸)現金 6000

例題2.店舗の家賃¥150000を現金で支払った

仕訳

(借)支払家賃 150000(貸)現金 150000

例題3.事務に使う文房具を現金で購入した。代金は¥5000。

仕訳

(借)消耗品費 5000(貸)現金 5000

【仕訳の例題】現金を受け取る

例題1.商品を¥5000で売り上げた。代金は現金で受け取った。

仕訳

(借)現金 5000(貸)売上 5000

売上は「収益」なので、「貸方」に記入します。

【独学】簿記3級の基本。収益と費用について

仕訳は例題をコツコツやれば大丈夫。

簿記3級の仕訳はとてもカンタンです。

ここまで読んでいただいた読者の方々も現金取引の仕訳はカンタンに感じたと思います。

手形の取引の仕訳や貸付金の仕訳など、企業の取引中に見られる取引の仕訳にも挑戦していきましょう。