【スマホで合格:簿記3級】資産、負債、資本の意味

アイキャッチ資産と負債と資本 簿記

資産と負債、資本について解説

資産と負債、資本について解説するスライド

【簿記3級独学】仕訳を理解するために、基本をしっかりおさえよう

仕訳は簿記3級の基本です。

仕訳をするためには貸借対照表の理解が不可欠です。

【スマホで余裕:簿記3級】貸借対照表とは

貸借対照表には3つのグループ「資産」「負債」「資本」があります。

企業がおこなった取引を勘定記入するさい、この3つのグループにわけて勘定記入されていきます。

普通貯金や現金、貸付金や小切手、企業が取引をする方法はたくさんあります。

どの取引がどのように勘定記入されるのか、しっかり理解していくために今回説明した3つのグループの意味を理解することは重要です。

しっかりおさえておきましょう。